Apple Watch には Safari がないのに誰も気づいていない

タグ

, ,

備忘

1ior4qfavm6l50e0auo3l0a

[iPhone にあって Apple Watch にはない純正アプリ:Medium

Paul Canetti が興味深いことをいっている。「Apple Watch には Safari がないのに誰も気づいていない」と・・・

Apple Watch Doesn’t Have Safari And You Didn’t Even Notice | Medium

*     *     *

ブラウザの死

ウェブの死が語られて久しいが(“death of web” をググればすぐ分かる)、じつは人気がなくなったのはウェブではなくウェブブラウザなのだ。2014 年の Flurry の報告によれば、モバイルデバイスでブラウザを使った時間はたったの 14% で、残りの 86%はアプリの使用だった。

The death of the web has long been rumored (just Google “death of web”). However it’s not really the web that is losing popularity, it’s the web browser. Flurry said in its 2014 report that only 14% of time spent on mobile devices is in the browser compared to 86% in apps.

もちろんアプリの大部分は(Twitter のように)モバイルウェブに使われている。ただ、ブラウザは使わずにウェブにアクセスしているということなのだ。

Of course, we actually spend a lot of that time in apps on the mobile web (i.e. tap a link on Twitter); it’s just that we’re accessing the web in non-browsery ways.

*     *     *

気づきもしないし気にもしていない

ブラウザの死はゆっくりと、だが確実に起きている。そして Apple Watch はそれにとどめを刺そうとしているのだと思う。Safari がないだけではない。そのことに誰も気づきもしなければ、気にもしていないようにみえる! もし Apple Watch に Messages や Weather や・・・Uber がなかったらどうなるか!!! きっと暴動が起きるに違いない。では Safari がなくなったらどうか? ノープロブレム。

The death of the browser has been a slow and steady process, but I believe Apple Watch will now be the nail in the coffin. Not only is there no Safari, but no one seems to notice or care! Imagine if Apple Watch had no Messages or no Weather or no… Uber!!! People would riot. But no Safari? No problem.

*     *     *

「ポスト電話の世界」

次にくる「ポスト電話の世界」(post-phone world)では文字通りブラウザには居場所がないのだ。では検索はどうなの?と尋ねるかもしれない。それはブラウジングを検索と錯覚した質問だ。情報が必要なら Siri に尋ねればいい。・・・あるいはグーグルだってきっと Apple Watch のためのアプリを作るに違いない。

There is just no place (literally) for browsers in our post-phone world. But what about search, you say? You are confusing browsing with searching. If you need some info, just ask Siri. Or I’m sure Google will make an app for Apple Watch too.

*     *     *

パニック

いいたいのは、もしアップルがウェブブラウザのないコンピュータを発表したら、あるいはウェブブラウザのない iOS の新バージョンか、それともポートのない MacBook を発表したら、みんなはパニックに陥るだろうということだ。これまでアップルが何かを無くするたびにみんながパニックに陥ったように・・・

The point is, if Apple announced a computer with no web browser, or a new version of iOS with no web browser, or I don’t know, a new MacBook with no ports, people would freak out. Like the way they freak out about everything Apple has ever removed ever.

*     *     *

ブラウザのないウェアラブルの世界

しかし Apple Watch には Safari がないことに対して特段の反応もなく、そういう認識すらもないことから、アップルには当然そうする権利があり、われわれみんなもそのことを受け入れる用意があるのだと考えざるを得ない。ウェアラブルの世界にはウェブブラウザはないものだと・・・

And yet the lack of reaction, or even acknowledgement, that there is no Safari on Apple Watch, leads me to believe that not only is Apple right to not include it, but we are actually ready to accept it: a wearable world with no web browsers.

https://maclalala2.wordpress.com/2015/03/21/apple-watch-%E3%81%AB%E3%81%AF-safari-%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AB%E8%AA%B0%E3%82%82%E6%B0%97%E3%81%A5%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84/

ITプロフェッショナルに対して週2日〜の常駐案件を紹介するクラウドソーシング「ITプロパートナーズ」

ITpro-partners-640x309

https://itpropartners.com/

私たちの働き方は間違いなく多様化しています。一つの企業に所属して働く人もいれば、フリーランスで働く人、また週に決まった時間だけ常駐して働くスタイルをとる人も。エンジニアやデザイナーといったITのプロフェッショナルに限定して、この3つ目の「常駐で働く」案件だけを扱うクラウドソーシングが、「ITプロパートナーズ」です。

週2日〜の常駐の案件に特化

昨年9月4日にリリースされ、6ヶ月間でプロフェッショナルの登録数は1,400人を超えています。(2月24日時点)自分で新サービスを立ち上げる傍ら、時間を効率的に活用して収入を得たいと願うエンジニアに、週2日から自分のスキルを活かして働くことを可能にしています。一方の企業にとっては、優秀で即戦力となるITプロフェッショナルがスピーディに見つかるというメリットがあります。

ITプロパートナーズが既存のクラウドソーシングと異なる点は他にも。より広い職種や案件を扱うクラウドソーシングでは、案件の数は大量にあるものの、中から自分にマッチしたものを見つけるのが一苦労。ITプロパートナーズには、企業と双方の要望を汲み取ったエージェント経由で仕事のマッチング行われる仕組みがあるため、その心配がありません。2月にリニューアルし、今では個人が自ら案件に応募することも可能になりました。

継続希望の依頼率70%が示す人材の高いクオリティー

ITプロパートナーズで見つかる職種は、開発・デザイン・マーケティングなどIT系のスキルをベースとしたもの。また、週3回で月額50万円の案件など、募集案件の95%以上が成長企業による高単価な直案件です。前述のエージェントによる希望に合致した案件の紹介、さらには契約交渉や債権管理の代行といった利点も、スキル保持者にとっての魅力です。

現在、一度仕事を依頼した個人への継続希望の依頼率は70%を超えており、企業による人材への満足度が見て取れます。個人の登録に審査などは設けていませんが、登録者にはできるだけ直接会ってエージェントが目利きするため、面談後の案件の決定率は70%近いのだと言います。

カップル向けアプリ「Couples」などで知られるエウレカなども活用し、依頼後の「適切な人材のスピーディな確保」を評価しています。また、常駐というスタイルであるため、通常の派遣や業務委託に比べてよりチームの一員としてコミットするケースが見られ、発注者と受注者の継続的ないい関係が育まれています。

目指すは月間1000名の新規登録

運営会社エッセンスのITプロパートナーズ事業部は、かつて転職サイト「Green」の立ち上げに携わり、現在同社のCOOである木村直人さんなど当時のメンバー3名から成ります。ITの人材競争が激化する中、優れたエンジニアやクリエイターの採用に悩む企業は少なくありません。その一方で、起業や新サービスの立ち上げに挑戦する時間が欲しいと願う優秀なエンジニアが存在することに着目し、この2つをマッチングすることで新しい価値を提供しています。

これから1年でまず目指すのは、利用企業社数300社と案件数1,000件。また現在は1ヶ月で300名ほどの個人登録者数を、1年で月間1000名にまで持って行くこと。今後は、企業に対して人材のデータベースを公開し、エージェント経由だけでなく、企業側が必要な人材を検索してアプローチできるようにしていく予定も。また、より一層優秀で満足度の高い人材を獲得していくため、登録時に「Qiita」や「GitHub」などの情報をもとに独自のアルゴリズムで個人のスキルレベルを数値化していくことも検討しています。

「個人が組織に依存しない、自立した働き方を応援したい」という思いで立ち上げられたITプロパートナーズが、既ににぎわう日本のクラウドソーシング業界にどんな新しい風をもたらすのか。期待して見守りたいと思います。

大塚家具の家具屋姫、久美子社長が新戦略を発表した途端に株価が月へと上る勢いでストップ高!!!!!

タグ

,

株価爆上げ!

市場は完全に娘の味方。配当額の倍増という大胆な試みもすごい。

http://netgeek.biz/archives/30546

中期経営計画の策定に関するお知らせ

http://www.idc-otsuka.jp/company/ir/tanshin/h-27/h27-2-25.pdf

Y Combinator & スタンフォード大学「スタートアップの始め方 (CS183B)」受講ガイド – Summary of How to Start a Startup 2014 Fall

タグ

「 成長のためにはユーザーが愛してくれるプロダクトを作ること以外にない。グロースハックは一般的にクソであり、まずは素晴らしいプロダクトを作る。」
「継続率が成長を測る唯一の最も重要な指標」⇒ ユーザー満足が唯一成長を測る指標!


「投資家に頼まなくても、投資家から話が来るよ うな実績をまず作り上げる。」

誰よりも業界、ユーザーを良く知っている起業家になる。そして、誰よりもユーザーを満足させる。